脂肪溶解注射を取り入れて痩せたいところを狙い撃ち

自然の流れに任せる

素足

脂肪溶解注射と脂肪吸引はよく混同されがちですが、その作用が全く違います。脂肪溶解注射は、注射の薬液によって脂肪細胞を自然となくしていけるのが特徴です。それに対して、脂肪吸引の場合は分解した脂肪を取り出す必要が有るため、何らかの形で体に負担がかかることは避けられません。その点で、脂肪溶解注射は忙しい社会人がスリムアップを果たすための手法として、とても人気の手法となっています。
体内に存在する脂肪細胞をなくしてしまえば痩せられるという、脂肪吸引のメカニズムはそのままに、活用しやすい方法として取り入られられるのが魅力です。

脂肪溶解注射の作用を左右する要素が、フォスファチジルコリンと呼ばれる成分です。この成分が脂肪溶解注射の薬剤を通して狙った部位に浸透して、脂肪細胞に対して作用することによって、脂肪そのものを無くすことに成功できます。
そして、フォスファチジルコリンによって分解された脂肪細胞の成分は、脂肪酸という形で体内のミトコンドリアへと運搬されます。この時に必要なのがLカルニチンと呼ばれる成分で、脂肪溶解注射にはフォスファチジルコリンと合わせてたっぷりと含有されています。
加えて、ミトコンドリアへ脂肪酸が届けられると燃焼作用が発揮されるようになりますが、その作用をサポートしてくれるのがαリポ酸です。つまり、フォスファチジルコリン、Lカルニチン、αリポ酸、これら3つの成分の相乗効果で、脂肪溶解注射は自然のメカニズムに沿った脂肪細胞の現象を実現してくれます。
しかも、脂肪溶解注射に含有されているこれらの成分は、食物由来の天然成分で、栄養補助食品などのような、人間が経口摂取する製品にも利用されています。よって、安全性も十分保証されているということも無視できません。